二重整形を検討しているなら知っておくべき情報【事前に確認】

女性

二重になれる美容整形

目

手術の種類と注意点

二重整形をするときには、埋没法にするか切開法にするか選ぶ必要があります。埋没法は二重のプチ整形の一種で、まぶたの筋肉を医療用の糸で結い止めて二重まぶたを形成します。メスを一切使わないことから、埋没法はメイク感覚でできるプチ整形として多くの人達に支持されています。ただメイク感覚で簡単にできるとは言っても、埋没法のあとには腫れが多少なりともあります。痛みに関しては、クリニックで処方される痛み止めを毎日飲んでいればまったくないです。最近は「腫れない埋没法」を採用しているクリニックもあり、そういう手術を選べば術後のまぶたの腫れやダウンタイムは少なく済みます。切開法はしっかりと二重を形成することができる手術です。メスを入れて余分なまぶたの脂肪を取り除いてすっきりさせてから、二重を作ります。プチ整形ではないので、手術の効果は半永久的です。そして埋没法よりもよりはっきりとした目元になれます。切開法の二重整形手術からしばらくは二重まぶたのラインの幅が広い状態が続きます。まぶたの腫れがすっかり引いてデザインした通りの二重まぶたになるのは、手術から1ヵ月程度してからです。多少ダウンタイムが長くなりますが、一生一重に戻りたくない場合にお勧めです。腫れない埋没法は別にして普通の二重整形をすると、見た目でもはっきりとわかる腫れが最低でも3日〜1週間は続くのが一般的です。クリニックから帰宅するときには、目元が周りの人にわからないように、色付きのサングラスをするのが必須です。また、二重整形手術をした当日は飲酒や入浴は控え、安静にして生活を送ることが大切です。血行が良くなると腫れが引くにくくなります。就寝するときは枕を高めにして頭を心臓よりも上にして寝ると、腫れが引きやすくなると言われています。内出血をファンデーションまたはコンシーラーで隠す場合は、強くこすらず、ポンポンとパフで優しく置くようにして塗るのがポイントです。こすることで腫れや内出血が悪化するリスクがあります。また、患部を不潔な状態にしておくと雑菌が入って化膿するリスクがあるので、清潔な状態を保つことも大切です。一日の終わりに洗顔やクレンジングで汚れを落とす際には、こすらないよに優しく泡で洗い落とす習慣をつけると腫れが収まりやすく、さらに二重の持続力が高まります。また、痛み止めを飲んでいるのに痛みが出たり、ラインが薄くなったりなど何か不安なことがあったら、すぐにクリニックに電話をして指示を仰ぐことが大切です。