二重整形を検討しているなら知っておくべき情報【事前に確認】

女性

手術の種類と特長

レディ

料金だけで選ばない

二重整形は整形の中でも一般的に行われている手術で、埋没法と切開法があります。埋没法とはメスを使わずに医療用の糸をまぶたに埋め込むことで二重を作ることができ、2点止めや3点止めが人気の方法となっています。埋没法は日本で最も多く行われている美容手術で、手術を受けてから日常生活に戻るまでのダウンタイムが短いことがメリットです。術後2〜3日が痛みのピークで赤みや腫れはありますが、1週間も経てば痛みも腫れも引いてきます。埋没法の費用は5万円〜10万円程度で、二重整形は自由診療になるので保険が適用されないため手術費用が全て自己負担になります。切開法には全切開法と部分切開法があり、目の上の皮膚を切って縫合するのが全切開法で手術の際に余分な脂肪を取ることができます。上まぶたがはれぼったい人や、二重のラインがほとんどない一重の人に向いた手術になります。全切開法の費用が20〜30万円で、埋没法と比べると一重に戻る可能性はとっても低くなります。部分切開法は全切開法と同じですが、切開する範囲が全切開法よりも狭くなり傷跡を残したくない人やダウンタイムを短くしたい人に向いた手術になります。部分切開法の費用は全切開法とそれほど変わらず相場は約25万円になります。二重手術は美容手術の中でも比較的気軽に行える手術ですが、病気を治すための治療ではないので自由診療になります。自由診療の場合には医師が自由に診療報酬を決めることができるので、クリニックによって二重整形手術の費用が異なります。そのため費用が高いクリニックがあれば安いクリニックもあるので、料金だけで選ぶのは危険です。料金が安いクリニックには訳があり、安い料金で客引きをしていたり、新人ドクターに経験を積ませたりするために料金を安くしているクリニックがあります。また料金の中に麻酔代が含まれていなかったりオプション料金が別途必要になったりする場合には一見安く見えてしまいます。料金が高いクリニックの場合にはブランド力や知名度が高く、設備投資やCMなどにお金を掛けているため施術費が高くなってしまいます。二重整形ののクリニックを選ぶ時には料金だけではなく、アフターフォローや保証があるかどうかも確認することが大切です。埋没法の場合には元に戻ってしまう可能性が高いので何年以内なら無料で再手術をしてくれるのか、二重のラインに満足できなかった場合にはやり直しをしてくれる保証制度があるのか確認しておきましょう。また料金に麻酔代が含まれているのか、追加でかかる料金の確認も必要です。